2006年04月21日

「サイドバー」って…なに?

若干乗り遅れましたが、日ごろ利用しているブログサイト・「seesaa」で、サイドバーなるものが提供されました。
対象OSがWinXPのみなので、自宅環境じゃ使えないし、会社はソフトを勝手にインストールするとインベントリ取られて面倒なので使えないんですが、この「サイドバー」って何よ?というおはなし。

今回seesaaにて提供されたものは、ブラウザを開かなくてもblogの更新が出来るよ、ってことらしいですね。
もちろん、ネットワークにつながっている必要はあるし、更新するにはログインもしなくちゃいけません。
他にもRSSリーダーとかもついてるみたい。普段からRSSリーダーは使ってないからなんともいえませんが、これって便利なんでしょうかね?

さて。
このサイドバーですが、提供している「sidebar.com」によると
サイドバーとは、デスクトップのサイド(横)で動作するアプリケーションです。
日常よく利用される時計やカレンダーといった機能や天気、ニュースなどの情報をサイドに置くことにより、すばやく機能を呼び出すことが可能となります。

とのことで、昔もこんなツールがあったなぁ、って気がします。
感覚としては、メッセンジャーの機能拡張版みたいなもんかな、と。
ネットワーク接続をしていることを意識せずに、個人のデスクトップに表示する情報をカスタマイズできる。
かつて「アクティブデスクトップ」なんてものもありましたね。
回線網の発達と高速化で、ストレスを感じることなくバックグラウンドでの情報収集が出来るようになった今だから、提供しやすいサービスなのでしょう。

…まぁ、私は使えませんが。

いいかげん、OSのバージョンとPCそのもののスペックを見直す時期なのかなぁ。
今のPCでWinXPなんか使ったら、あっという間にハングしそうです。
WEB閲覧とメールがメイン、あとはデジカメ写真を見たり、こまごまとした印刷物をつくったりしてるだけなので、スペック的には十分なんです。
しかしWin2kが過去の産物になっている今、いろんなソフトを使うためにはOSをあげなくちゃいけないんでしょうかね。
OSをあげるにはマシンのスペックも上げないと、基本動作すら満足に出来ないものになっちゃうし…。
とりあえず、Win2kのサポートが終わったら考えよう。


posted by れい at 11:13| Comment(5) | TrackBack(0) | ネット・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WEB,メール,jpg,Excel・・・そんな感じのものばかりなら、いろんなソフトを使わないと思うので今のままでいいかと。
Posted by Hくん at 2006年04月21日 14:31
うん、私もそう思う。
ただ、最近になってPCで動画を見る機会が増えて、そこにはちょっとストレスを感じます。
昔ほどナローバンドを意識したエンコーディングになってないみたいで、コマ落ちやら音声ずれやら、若干ストレス。
まぁ、かかるお金とそれで得られる便利さとを秤にかけると、今は要らないかな、と。
Posted by れい at 2006年04月23日 15:56
Win2KでもSeesaaブログサイドバー動きますよ。
side-bar.jpのサイドバーは確かにWinXPと書いてあるけど、私は以前から気にせずWin2Kで使ってます(笑)
Posted by TOYO at 2006年04月26日 01:37
>TOYOさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
Win2Kでも使えるんですね。早速自宅で試してみたいと思います。

ブログ、拝見しました。
私もXPの必要性を感じていない1人です。時代が許せば98SEでもいいや、って思ってたくらいですし(笑)
一時期に比べてハードウェアのスペックは頭打ちになりつつありますが、数年前に自作して以来、まったく関心を持っていなかったので、PCを作り直そうにも情報収集からはじめないと…。
まずは、先立つものがなければ、ですけどね(苦笑)
Posted by れい at 2006年04月26日 13:14
れいさん
>ブログ、拝見しました。

あ、どうもです。
98->2Kに比べても2K->XPは全然メリット少ないですから、あわてる必要は無いと思います。
私はそろそろ新しいPCを組もうかと思ってるので、そのときXPですかね。何しろ、もうXPしか売ってないから(笑)
Posted by TOYO at 2006年04月27日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。